前へ
次へ

不動産投資ではパートナー選びが大事

不動産投資で重要視すべきは、パートナー選びです。
賃貸マンションの経営(運営)まで考えれば、創業20年以上であっても需要の高いエリアを拠点にしていること、自社物件の実績というのは何が何でもチェックしておきたい点です。
さらに、サラリーマンでの不動産投資、大金が動くことを考えれば、提携金融機関が豊富であることは注目点でしょう。
融資を受けなければ、到底条件の揃った物件を獲得できません。
加えてリスクに関するフォローでいえば、家賃保証という賃貸物件ならではの投資リスクに安心感は欲しいところでしょう。
投資家としてデビューしたとしても、新築には手が出ないものです。
競争相手は一枚も二枚も上手で、必然的に築古物件を選ぶことになりますが、リノベーションでニーズに合わせることが可能です。
購入資金にリノベ費用がかかりますが、プラスαの付加価値をつければ、入居者募集(広告)に難が生じにくく、棟数を増やしながら利益を段階的に生むことができます。

Page Top