前へ
次へ

様変わりしている不動産投資

投資用マンションに興味がある、そうしたビジネスマン・ビジネスウーマンがたくさんいます。
一般の私たちでも不動産を選べるのです。
所変われば住む人も様変わりします。
例えば、ファミリー層が暮らすエリアがあったとして、子どもが巣立つことを考えれば、学生に特化した賃貸マンション・アパートを獲得するのも有りです。
高校や大学、専門学校の近くの築古物件が狙い目ですし、空き家問題で駐車場経営が注目されていますが、それができるのならば、学生向けに駐輪場経営も有りでしょう。
工事費用も含め、軍資金が少額でも始めやすいといいます。
マンションやアパートのみならず、今はシェアハウスにも注目が集まっています。
シェアハウスを受け入れやすいのは、海外からの留学生だというデータも報告されています。
海外交流の盛んな大学や専門学校があれば、シェアハウスという投資も有りでしょう。
ただし、海外での常識が日本では非常識という文化の違いもあります。
不動産では、賃貸契約事項に、こうした違いでトラブルにならないような内容を盛り込むことも必要です。

Page Top