前へ
次へ

不動産投資の繰り上げ返済のメリット

不動産投資は、一般的に考えて入居者が支払ってくれる住居の家賃を返済原資という形で返済します。
しかしながら所持金にゆとりがある場合、月ごとの支払いから切り離してローンの一部分を繰り上げて返済することが不可能ではありません。
こういったものを繰り上げ返済と言い、繰り上げ返済に取り組むことでローンの元金を減らせます。
メリットは主として返済期間短縮、返済額減少です。
はじめの返済額で返済を継続することで期間を短縮できます。
そして期間をはじめのままにすれば、月ごとの返済額を減らせます。
1つの例として50歳で始め、15年ローンを不動産投資を契約した場合、終わるときには、定年になるでしょう。
65歳に至るまで勤めあげられれば問題ありませんが、レイオフされたり体を壊し働けなくなったりするなどのトラブルが起こることもあり得ます。
そういった背景から定年がくるまでに、完済しておきたいと思う人もいるでしょう。
そうした人には期間短縮がピッタリですし、子供の教育に必要な資金が増えそうな人には返還する額を軽減するタイプが最適です。

Page Top