前へ
次へ

不動産投資は会社員でも可能

不動産投資についてはサラリーマンでもすることができます。
区分所有の不動産投資でしたら、一件あたり1000万から2000万円で運営することができる可能性があります。
サラリーマンであれば、給与収入といった安定した収入額があるため、銀行サイドより資金を借り入れしやすいといえるでしょう。
現在の様な低金利政策がとられている際には低い水準の金利で借りることができることが見込めます。
しかしながら、借金でお金をつぎ込む場合、ローンに関する返済は家賃収入から返済することになります。
したがって、空室になったときには自分の資金で返済することが求められます。
それから、充実した老後を過ごすためには、返済が65歳までには終わらない場合、ゆとり資金があるときに繰り上げ返済についても考えた方が賢明です。
その他、設備費用など急性型の出費があることもあり得るため、突然の出費に対応するため貯蓄を行なっておく必要もあります。

Page Top