前へ
次へ

不動産投資の節税面の利点

不動産投資して、現実的な差し引きの住居の家賃収入とローン間がプラスであっても、会計的には建物価値の目減り相当分を減価償却費という形で計上できることから、課税価格をセーブすることができます。
加えて、サラリーマンのように給与所得がある人は、確定申告することを通じて、所得税や住民税が還付されることになります。
費用部分が多いときほど、所得税や住民税の還付を期待することができるわけですが、経費に参入することができるのは、主として固定資産税や不動産取得税、修繕費、管理会社に対しての業務委託費用などがあります。
その上、相続する際にも評価額そのものが現預金や株式と比較して低く評価されるため相続税評価額を縮小することができます。
しかしながら、不動産に伴っての相続であるので相続対策で買い入れる場合は、あらかじめ家族に対して意見を求めた方が賢明といえるでしょう。
以上のように、節税面において有利になりますので投資を検討する価値があるといえます。

Page Top